トリミング・シャンプー・ペットホテル

動物を清潔に保つ意味

犬の表皮は人の赤ちゃんよりもさらに薄く、とてもデリケートです。最近は犬のアトピーなど皮膚の病気が増えているので、その予防のためにもこまめなブラッシングや定期的なシャンプーは欠かせません。トリマーは、かゆがっていないかなど行動の確認や、湿疹や発赤がないかなど、地肌を隅々までチェックしながら、丁寧にシャンプーをしますので、トラブルを見つけることも多くあります。耳もしっかり見ますので、ワンちゃんに多い外耳炎を発見することもよくあります。こうしたトラブルを見つけた際には、飼い主さまに必ずご報告いたします。

トリミング

カットしないと毛や口に毛先が入ってしまい、トラブルになる場合があります。また、伸びた毛がもつれてしまうと清潔を保てなくなり、皮膚病などにつながります。きれいにカットした時のいきいきしたワンちゃんの表情はもちろんですが、健康を保つためにもカットはとても大切です。

シャンプー

ワンちゃんの皮膚の状態に合ったシャンプーを使い、しっかり洗い流すことがとても重要です。当院では、症状に合わせた薬用シャンプーや低刺激のシャンプーを使って優しく洗い、シャンプーを完全に洗い流します。

ペットホテル

ワンちゃんネコちゃんのホテル

15匹くらいまでのワンちゃんネコちゃんが泊まることができます

散歩は朝晩の2回行って、そのほかにも体調や様子をしっかり確認します。

こんな時にも……ペットホテルの活用例

旅行や帰省の時に預けられる短期間のご利用が多いのですが、ご自宅の建て替えや修繕の時など長期のご利用も可能です。また、引越しの際、前後数日をペットホテルに預けるといった使い方もできます。 また当院併設のペットホテルでは、1日預かりもしています。 犬や猫が苦手なお客様をおもてなしする時や、買い物などの際にご利用になる飼い主さまもいらっしゃいます。 ワンちゃんネコちゃんのことを考えて、臨機応変に対応しますので、お気軽にご相談ください。

ペットホテルを利用するにあたっての注意点

まず事前のご予約をお願いしています。 ワンちゃんネコちゃんにはできるだけご自宅で過ごすのと変わらない環境を用意してあげたい。その考えから、普段のフードやオヤツ、お気に入りのオモチャやタオルなどをご持参いただいています。 また、朝晩2回、散歩に連れて行きますので、リードは必ずお持ちください。 お預け入れお迎えは診療時間中にお願いしています。

次のような場合には、お預かりできないこともあります

1年以上、狂犬病ワクチンや混合ワクチン接種をされていない場合。 攻撃的な様子や吠え続けるなど、預かることでストレスがかかる場合など。 その他、動物病院医療業務やワンちゃんネコちゃん自身に悪影響があると予想される場合。